「忙しい」とは「心を亡くす」ことではなかった!



忙しい人に限って、仕事が仕事を呼びます。私も周りの独立している人や売れっ子営業担当も同じです。集団心理が働くのか、忙しい人に頼みたいものです。そして忙しい人に共通していることがあります。それは、常にプラス思考なことです。忙しくてどうしようもない時もあります。どうしても、睡眠時間や自分の時間を削ってしまいがちです。でも、そんなときでもプラス思考でいます。暑いと思うから暑いのであって、忙しいと思わなければ忙しいとは感じないものです(私の場合)。忙しいくてビジネスが上手くいってる人に限って「心」を「亡くしてない」ものです。


忙しい人はいつも明るい



仕事を紹介してもらったら、「ありがとう」と感謝の言葉を伝えますよね。忙しい人も他の人に紹介することがあります。私も人に紹介することがあります。私は仕事を紹介する時も「ありがとう」と言うように心がけてます。これは、「仕事を引き受けてくれて、ありがとう」という意味です。忙しくてどうしようも無い時は私にだってあります。プライベートの時間も無い時もあります。こんな時こそ、心を亡くさないようにしています。コツはプライベートと仕事のメリハリをつけることだと自分では思ってます。


忙しくて失敗する人とは?



いつもマイナス思考の人です。愚痴や批判・文句ばかりいう人にはマイナスオーラがあると私は思っています。かつての私もそうでした。まずは否定から入ってました。でも今は違います。人は急に変わらないけど、変わるように意識したら、仕事が回り出しました。今では、月に何件かは仕事を紹介したり、人材マッチング業のようなこともしています。中には真珠を売りたいので、委託販売先を探してくれないかという案件も舞い込みます。この時は、宝石商の知り合いを紹介しました。
成功している人は愚痴は言わないです。おかげさまで忙しくさせてもらってます。お客様のために頑張ります。などいつも前向きに考えてます。

人にどう評価されるか?が大切



フェイスブックやツイッターなどは人に見られています。人はだれでも話を聞いて欲しいという欲求を持っています。自己開示ですね。自分のストレス発散にSNSはとても便利だと思います。でもちょっと待ってください。SNSでの投稿は、相手にどのように思われているでしょうか?マイナス思考のものは読みたくないものです。SNSで文句を言っても何らか解決にはなりません。仕事をする上で不平や不満はつきものです。SNSで不満をぶつけるなら、プラスに解決する方法を模索した方が、良いと考えます。コメントを残す際も注意してくださいね。