銀行は中小企業の決算書を信用してない!



銀行は企業から提出された財務諸表をもとに、実態財務諸表に書き換えて評価しています。つまり、企業の決算日での時価評価です。具体的には、紙くず同然のゴルフ会員権は実質ゼロ円の評価ですし、塩漬けの土地ならば、不動産鑑定士の鑑定書や近隣不動産の売買事例なども参考にして評価します。つまり財務諸表上で、簿価1億円の土地も、銀行は1千万円でしか評価しないというケースはよくあるのです。つまり、簿価の資産価値を実態価格に置き換えて評価します。

同じく棚卸資産も同様です。在庫をかかえたまま、実質的に商品価値のないものはゼロ円とみなします。


減価償却してない固定資産はどうみるの?



最近は少なくなりましたが、銀行へ提出する資料を少しでもよく見せるために、決算時に減価償却を行わない企業もあります。
銀行はしっかり減価償却金額を推定して、推定後の貸借対照表と損益計算書で評価しています。減価償却したら赤字だからと言って、減価償却しないのは意味が全くありません。


銀行員が最もおそれていること



それは経営者の隠し事です。銀行が資金回収に走るのではないか?という不安から、銀行に隠し事をする経営者が多いものです。財務状況が悪くなる前にぜひ一度銀行に相談してみてください。返済金額の見直しや利息減免などに応じてくれる場合があります。ただし、経営が苦しいから利息をまけてください。これはダメです。今後は事業計画書を作成して、利益を上向きになるように頑張りますと示すことが必要です。事業計画書がないと、銀行員も上司・支店長に説明できませんから。もちろん、事業計画書は実行可能かつ実現可能な計画書である必要があります。絵に描いた餅では、銀行員を説得することはできないのです。